FC2ブログ

プロフィール

人生まだまだ

Author:人生まだまだ
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


今にも降りそうな雲行き

今にも降りそうな雲行きに、憂鬱な気分に落ち込みそうになる。これがすっきりと晴れていたら、気分も爽快なんだろうに。人間は、なんて、身勝手な存在なんだろう。








015_20141031111353096.jpg
スポンサーサイト



太陽のほてりが、暖かく感じる季節になった。

放射冷却の影響で、大気はかなり冷え切っていた。雲間から顔を出した太陽のほてりが、暖かく感じる夜明けを迎えた。







103_2014103011393506e.jpg

青々と、目に爽やかに映る、ニンジン畑

身の引き締まる早朝、朝日を浴びて青々と、目に爽やかに映るニンジン畑、すくすくと育ち、間もなく出荷の時期を迎える。







046_20141029111006428.jpg

東屋で、朝日の出を待つ。

丘陵の一角に東屋がある。ときどき休憩場所にしているが、今朝は、この場所で、日の出を迎えた。丘の頂からぬっと現れた太陽は、光のシャワーで答えてくれた。雲一つない青空を見上げると、すがすがしい気持ちが、満ち溢れてきた。






075_20141028123006ca8.jpg

霧に包まれた夜明け

東の空が、金色に滲み出した頃、朝霧の向こうに、景色が浮かび上がってきた。朝霧の幕が開くと、何が待っているのか、楽しみな一日が始まる。





026_201410271005220ce.jpg

実りの秋、今、真っ盛り

実りの秋、枝もたわわに実を付けた柿木、甘いか、渋いかどっちだろう。熟すまで、鳥も食べに来ないから、きっと渋柿だろう。さてと、一つ頂いて、うわぁー、やっぱり渋かった。口の中が渋で、しびれてきた









030_20141026111709f51.jpg

みんな霧の中

シルクのカーテンを引いたように、電柱の向こうは霧の海、すべての物を懐に秘めて、包み隠す。しかし、いくら霧が濃く
辺りを覆っても、明るく、平等の光を万物に注ぐ、太陽だけは、包み隠せない









093_201410251105024a4.jpg

朝日が森に七色のメッセージを送る。

久しぶりの晴天に、景色に明るさが戻ってきた。どんよりと淀んだ森にも、朝日が七色のメッセージを送り、爽やかな朝の到来を告げた。






074_20141024130119d2a.jpg

小雨の降る寒い朝になった。

12月上旬の気候とか、寒い訳だ。ウォーキングに出た時には、まだ雨が降って、多少風も吹いていたが、am6:30を過ぎるころには、小雨も上がり、東の空に黄色いシミが出来た。“寒いから、早く顔を出せ”と、言ってみても仕方がないか。





088_20141023113707c38.jpg

ドッシャ降りの雨の中を

ドッシャ降りの雨の中を、どこかで聞いた文句だが、差している傘に当たる雨音、バラバラ、バラと、ひどい雨になった。
そんな中をと言うのでしょうが、これも性分で仕方のないことですね。帰ると熱い風呂が待っているから、大丈夫。





146.jpg

 | ホーム |  次のページ»»