FC2ブログ

プロフィール

人生まだまだ

Author:人生まだまだ
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


小寒が過ぎ、寒さ一層つのる朝に

小寒から、本格的な寒さが始まると言われているが、昔からの言い伝えは、日常生活の経験の積み重ねであるので、信ぴょう性がある。まさに、今朝は、その通りの朝になった。丘の上の平地に積もった霜の、朝陽が当たった部分が、反射して光っていた。朝焼けになった空は、暖かく感じるのだが、いっこうにその暖かさは、伝わってこなかった。丘を下って、谷間に降りて来ると、再び、丘陵と丘陵の間から、日の出が拝めた。この季節、目を楽しませてくれる花がある。それは、真赤な寒椿と、水仙だ。水仙は、びっしりと霜が降りた畑の隅で、顔を寄せ合っていた。こちらを見て、話しかけて来るようだった。口が効けたら何というのだろうか。『寒さにめげず、頑張れアルキマン』と聞こえた気がした。この色気のない季節、なんと言っても色艶やかな寒椿、一番に目に留まる。ただ椿の花は、散り際が潔く、花全体が、ポトリと落ちる。其の様が、首を切られて落ちるようだと、昔の武士は嫌って、屋敷内には、椿を植えなかった、と言う話もある。


IMG_8801.jpg
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://1228coffee.blog.fc2.com/tb.php/1105-5e1d4513

 | ホーム |