FC2ブログ

プロフィール

人生まだまだ

Author:人生まだまだ
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


丘の上の煙突坊や

外へ出ると、寒さに締め付けられ、体がこわばるのがわかる。寒さに対して、体が抵抗しているのだろう。交差点で信号待ちをしていると、寒さのためか、止まっている車の、マフラーの先から、ボタボタと、水滴が垂れていた。陽の当たる農道を選んで、歩いて行くと、ある農家の、生け垣の上から、こちらを覗くように、梅の枝が伸びていて、枝先に、三分咲き位の数の、花が咲いていた。香りは届いてこなかったが、香り立つように感じた。丘の上の、煙突坊や。お日様まで、届けと煙りを吐く。ふわふわと、お日様目指して、煙は上がるが、まだまだ遠くて届かない。ウンと煙を貯めて、エィとばかりに吐き出した。今度は届くだろうと、思っていたら、北風さんに、邪魔をされて、西へ流れて行ってしまった。さっきまで、真っ直ぐ上っていた煙は、四方に散って、消えてしまった。黙ってその様子を窺っていた、隣の、もう一人の煙突坊や、無駄なことなどしない方が良いと、煙に巻かれてしまった。雲散霧消とは、この事か。


IMG_6625.jpg
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://1228coffee.blog.fc2.com/tb.php/1114-f825c3a5

 | ホーム |