FC2ブログ

プロフィール

人生まだまだ

Author:人生まだまだ
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


一杯のコーヒー

ウォーキングへ出かけた時は、さほどでもなかった風が、途中から、唸るような強風に変わった。田んぼの畔道などでは、バランスを崩して、落ちそうになる程だった。ウォーキングから帰り、日差しの差し込む窓辺で、一杯のコーヒーを楽しむ。器の中から香り立つ、一筋の湯気が、くゆらせながら立ち昇り、日差しの中に溶け込んでゆく。今朝のコーヒーは、深煎りのタンザニア、酸味の中にある苦みに、ほんのりとした甘みを味わえる、好みの中の、絶品の一つである。ふつうタンザニアと言えば、焙煎の仕方にもよるが、柑橘系のフルーツのような甘味と、やや強い酸味が特徴で、深煎りしたストレートが、酸味と苦味の絶品のバランスを感じさせる。また、タンザニア産といえば「キリマンジャロ」が代表的な存在だ。強い酸味とコク、そして甘い香りが特徴。名前はアフリカ大陸最高峰の山、キリマンジャロから付けられた。そして、精製過程によって、水洗式アラビカ種コーヒーのみをキリマンジャロと定め、他の地域などで採用されている乾燥式のものは含まないなどと、厳しい指定を受けている。一口、啜る毎に、熱帯地方にかかわらず、頂上に雪を頂く、キリマンジャロ麓の広大なコーヒー畑を、想像しながら味わうと、灼熱の大陸の匂いを運んでくる、アフリカの風を感じる。すると、国はちょっと離れているが、同じアフリカにある、チュニジア共和国、ここを舞台にした、「チュニジアの夜」ジャズドラマーの『アートブレキー』の演奏を聞きたくなりCDを引き出してしまう。毎日の日課としている、ウォーキング後の、一杯のコーヒー。カップの中に込められた、日々の色々な思い出が、苦く、甘く香り立ち、心の安らぎを、醸し出してくれるのだった。


IMG_9901.jpg
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://1228coffee.blog.fc2.com/tb.php/1125-a2f7ec71

 | ホーム |