FC2ブログ

プロフィール

人生まだまだ

Author:人生まだまだ
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


その先には、真っ青な空があった。

朝日の差し込む森の中、目覚めた鳥の、さわやかな声に誘われて、足を踏み入れる。枯葉や枯れ枝を踏む、乾いた音が響く。突然、キチキチキチと甲高く鳴くモズの声に、見上げると、天に向かって真っ直ぐに、杉の木が、数十本、梢を陽に照らされて光り、、毛槍を振り上げたような形をして、伸び上がり、その先に、真っ青な空があった。空の下に広がる谷津田は、丘陵の懐深くまで伸び、南側は、朝日をいっぱいに受け、青空のキャンバスに、クッキリとした森を、際立たせていた。そして、北側は、暗く冷たく、凍り付いた森が、陽射しの廻って来るのを待ちわびていた。そして、南北を分けるように出来た農道は、耕運機の轍の付いた真ん中に、霜柱が立ち、両脇の枯れ草の中に、ホトケノザが、紫色の可愛い花を付け、ぬくぬくとした、暖かい陽射しを浴びて、うたたねが出そうな様子だった。

IMG_0071.jpg
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://1228coffee.blog.fc2.com/tb.php/1126-f1d571a5

 | ホーム |