FC2ブログ

プロフィール

人生まだまだ

Author:人生まだまだ
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


春の花は、黄色い花が多いのはなぜなの

ウォーキングをしながら、気が付くと、春の花は、黄色の花が大変多い。代表格に挙げられるのは、菜の花、タンポポだろう。そのほか、黄色の花が、たくさん見つかった。キンラン、マツヨイグサ、ツワブキ、カタバミ、キンシバイ、レンギョウ、オニノゲシ、コウゾリナ、数え上げれば、幾らでも出て来る。花の色というのは、その植物の生殖戦略と関係があるようだ。そのために受粉が必要で、花粉が運ばれてくる方法はいろいろあるが、多くは昆虫が媒介する。したがって、花にとって、昆虫が花粉を運んでくれるかどうかが、次世代に子孫を残せるかどうかを決めることになるため、花は昆虫を惹き付けるために誘惑の手段を持つようにできていて、一つは香りであり、もう一つは花の色だ。早春の色彩の少ない山野で、黄色というのは、非常に目立つ色だからだと思う。と言うことで、春は、黄色の花が多いのだと考える。当たっていると思うが、決して外れているとは思っていない。

IMG_6765.jpg
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://1228coffee.blog.fc2.com/tb.php/1233-f604ffb2

 | ホーム |