FC2ブログ

プロフィール

人生まだまだ

Author:人生まだまだ
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


彼岸花の咲く頃

突然現れたと、言っても良いほど、彼岸花(ヒガンバナ)は、短時間のうちに咲き出す。それも、刈り入れの済んだ田の畔や、畑の周り、墓場など、思いがけない場所から、真っ赤な色の花を咲かせるので、驚かされる。地方によって、それぞれ、呼び方が違っている。曼殊沙華(マンジュシャゲ)、死人花、地獄花、幽霊花などと呼んで、不吉だと嫌われているのは、有毒植物であることや、花が終わってから、葉が出て来ることから、そう呼ばれていたようだ。しかし、その反面、仏教では、曼殊沙華は、『赤い花・天上の花』と呼び、明るい兆しを意味している。当地では、ボッチと言えば、落花生の野積みを指していたが、畔に、彼岸花の咲く、苅田の中に、今では珍しい、藁ボッチが作られていた。コンバインで稲刈りをするので、稲藁が出来ず、荒縄や、草鞋、その他、昔から行事に使用するための稲藁が、手に入りにくくなってしまった。年々風情が、失われてゆく。

IMG_2588.jpg
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://1228coffee.blog.fc2.com/tb.php/1355-b4dd3045

 | ホーム |