FC2ブログ

プロフィール

人生まだまだ

Author:人生まだまだ
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


恐ろしい虫の世界

ウォーキングの途中で、カマキリを見つけた。卵を抱えているのだろう、腹が異常に膨れ、葉に産み付けようとしているのか、じっと動かずにいた。実際見たことはないが、メスのカマキリは、交尾中にオスを食べてしまうと言うが、本当か。調べてみると、本当だった。それでは、何で、オスは、メスに食われるのか、調べてみたところ、メスのカマキリは、交尾中にオスを殺して食べる習慣があった。オスにとってはたまったものじゃないよね。メスは、まずオスの頭を噛みちぎり、下のほうへと進んで食べて行くそうだ。驚くことに、これがメスのカマキリの交尾期の食事の63%ほどを占めるのだそうだ。そして、研究の結果では、交尾後にオスを食べたメスのほうが、そうでないものよりも多くの卵を産むことが分かった。そして、オスを食べたメスは平均で約88個、食べていないほうは平均で約35個と、オスを食べたほうがより多くの卵を産んだそうだ。これほど大きな違いがあると言うことで、オスとしても自分が食べられたほうが自らの子孫を残すのに有利だとわかっているのか、そうでないのか、でも自分が食われて本望だなどと思うカマキリはいるのだろうか。聞くことが出来るのなら、本音を聞いてみたいものだ。また、蜘蛛の世界でも、メスがオスを食べてしまう『コガネグモ』がいる。カマキリと違って、食われてしまう条件があって、交尾が長すぎると、食われてしまうと言う。蜘蛛の世界では、早漏が良いようだ。人間と同様に、虫の世界でも、生きて行くと言うことは、大変な事の様なのだ。

IMG_6710.jpg
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://1228coffee.blog.fc2.com/tb.php/1401-d6d29655

 | ホーム |