FC2ブログ

プロフィール

人生まだまだ

Author:人生まだまだ
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


ウォーキングは、一人に限る

農家の庭先で、孫娘を相手に、焚火をしていた、顔見知りの老人に朝の挨拶をすると、『寒ぃーな。雪でも降ってくんだべーか』と、返事が返って来た。『じいちゃんと一緒で良いね』と、2歳になったと言うひ孫に、声を掛けると、老人の後ろに隠れて、ハニカミながら、股の間から、時々顔を見せていた。暫く、焚火をご馳走になりながら、雑談をして別れた。はたして、見上げた空は、厚い雲がかかり、雲間から太陽が、時々顔を覗かせていたが、晴れて来るのか、曇り空のままなのか、分からない天気だった。椎や楠、アオキ、榊など常緑樹の繁る林を抜け、見晴らし台まで出て来て、閑散とした景色を眺めながら、ベンチで一休みしていると、桜の梢に止まった、シジュウカラが、『ピッツ、ピッツ、ビッツ』と、話しかけてきた。いや、話しかけてきたように感じた。仲間とはぐれたのか、いじめにあったのか、それとも一人がいいのか、いや、一羽と言うべきか、鳥の世界も大変なのかもしれないな。ウォーキングは、絶対に一人が良い、相手がいると、ペースを合わせなければいけないし、何かと気を遣う煩わしさがあっていけない。一人、気儘に、歩いているほうが、気楽である。


IMG_6260.jpg
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://1228coffee.blog.fc2.com/tb.php/1510-f00ba234

 | ホーム |