FC2ブログ

プロフィール

人生まだまだ

Author:人生まだまだ
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


とんぼ(蜻蛉)

この所、ウォーキングの道すがら、沢山の『トンボ』を目にしている。子供の頃から、シオカラトンボと、ムギワラトンボは、別の種類だと思っていたのに、最近同じ種類と知って驚いたことがあったので、トンボの事を少し調べてみた。全世界に約5千種類、内、日本には2百種類ほどのトンボがいると言う。日頃目にする、大型の『オニヤンマ』から、15ミリほどの『イトトンボ』まで、見ることが出来る。二対の翅で飛行し、空中でホバリング(静止)も出来る。肉食性で、蚊、ハエ、蝶、蛾など捕食し、ほとんどの種類のオスは、縄張りを持ち、生息に適した場所を独占する。そして、縄張りに侵入するものがあれば、直ちに激しく攻撃する性質を持っている。また、我が国では、昔、トンボの事を秋津(アキツ)と呼んでいた。そして、日本書紀などでは、日本の国土を秋津島(あきつしま)と書かれていたと言う。故事によれば、山頂から眺めた神武天皇が、『あきつの臀呫(となめ)のごとし』、トンボの交尾した形のようだと言った所から、『秋津洲』とよばれるようになったとか。トンボを漢字で『蜻蛉』と書くが、本来は、『カゲロウ』を指すものであった。そんな知識を得ると、トンボを見る目も違ってくる感じがした。

DSCN1649.jpg
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://1228coffee.blog.fc2.com/tb.php/1655-5ff64661

 | ホーム |