FC2ブログ

プロフィール

人生まだまだ

Author:人生まだまだ
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


霧雨の舞う早朝に

空は、べそ(泣き面)をかいていた。田も畑も、歩んで行く道も、びしょ濡れだ。丘陵全体を描いた風景は、驟雨によって、キャンバスが滲んでしまった。雨のためか、昨日まで冷え込んでいた大気温は、多少緩んだように感じたが、立冬を過ぎた季節は、正直に、寒暖計の中の赤く着色されたアルコールの液体を、日、一日と押し下げていた。冷たい風に囃されて、カラカラ,カラカラ音を立て、鳥を脅して追い払う風車が、その役割を果たすように、叫び声をあげていた。しかし、張り付くように、体にまとわりつく霧雨には、差している傘は、一つも役割を果たしてくれなかった。役に立つにも、たたぬのも、そのタイミングは、難しいものだった。霧雨を嫌った私とは異にして、霧雨に打たれた花びらは、乙女の瞳から流れ落ちる涙のように見え、桃色に艶っぽく、我を誘う『山茶花』は、暖かさを感じさせる色香を投げかけてきた。雨の日のウォーキングだって、視点を変えて、自然に触れてみると、「just、Walking ㏌ The rain」と、歌いたくなる。

IMG_0323.jpg
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://1228coffee.blog.fc2.com/tb.php/1791-4ced2556

 | ホーム |