FC2ブログ

プロフィール

人生まだまだ

Author:人生まだまだ
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


基準と言うものは

師走に入り、時間はいつもより足早に経過していくように感じるのは、私だけだろうか。ものすべてに基準と言うものがある。それがないと、すべてのものと比較することが出来ないからだ。例えば、時間だ。標準時と言うものがある。これは、イギリスのグリニッジ天文台での平均太陽時のことで、経緯0度にあるグリニッジ天文台を基準として、世界各国の標準時を決めている。日本は軽度135度にあるので、イギリスとの時差は、9時間となる。どう計算しているかは、一日24時間で、地球は一回転するので、360度÷24時間=15度と言うことで、135度÷15度=9時間と言う事だ。このように計算できるのは、簡単に受け入れることが出来るが、自然を相手にしていると、自然の基準は、人間と深い関わりがあった。思い起こすと、子供の頃、春夏秋冬は、はっきりと目に見え、肌で感じ、人の営みの中にも、その季節に行われていた行事も、子孫に受け継がれ、誰に言われるまでも無く、きちんと行われていた。それが、このところ、春夏秋冬の季節の変わり目が崩れ、突然、予想を絶する自然災害が各地で起こり、大きな被害が出ている。『温暖化現象』のためだと、人ごとのように片づけてしまっていて良いのだろうか。科学が進んだと言っても、天気予報すら発表してから、予報が外れてしまったりしている。我が国では、古来から行われてきた行事すべてが、神に五穀豊穣を祈って行われてきたもので、自然の摂理を基準として営まれてきた。親、子、孫三代の大家族制度が崩壊してから、伝承されてきた行事は、忘れ去られようとしている。また、自然の移り変わりすら、崩れ始めていては、自然と共に暮らして来た人の暮らしも変化してしまうだろう。私だけでも、22日の冬至には、風邪をひかぬように、ゆず湯に入り、南京(カボチャ)を食べる事にしよう。

DSCN1636.jpg
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://1228coffee.blog.fc2.com/tb.php/1804-b703408e

 | ホーム |