FC2ブログ

プロフィール

人生まだまだ

Author:人生まだまだ
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


今年一番の寒い朝になった。

黄金の衣を纏っていた、イチョウの木を見上げると、すでにすっかり葉を落とし、枝にぶら下がった銀杏は、女性がイアリングを付けた様に見えた。そして、その実をついばんでいる『ヒヨドリ』がいた。時々、嘴を上に向けては、寒い、寒いと鳴いているのか、ヒーヨ、ヒーヨとさえずっていた。一休みと、立ち寄った東屋で、ベンチに座った途端、飛び上がりたくなるほど冷え切っていた。仕方なく、被っていた帽子を、尻の下に敷いて座った。ここから眺める景色は、春に桜、初夏に青葉、秋は紅葉、そして、目の前にしている、冬枯れの風景は、寒々として、一幅の墨絵を見ているようだった。腕時計の長針の時を刻む音が聞こえてくるような、静寂に包まれ、しんしんとした寒さが、足元から這い上がって来る。身震いが一つ出た所で、立ち上がり、ペタンコになった帽子のしわを伸ばしながら、東屋を出た。体が温まるように、腕を大きく振って、少し早足で歩いた。体の真ん中から、暖かさが、だんだん手足の先まで広がって行った。

DSCN9908.jpg
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://1228coffee.blog.fc2.com/tb.php/1812-b6a0b31a

 | ホーム |