FC2ブログ

プロフィール

人生まだまだ

Author:人生まだまだ
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


母の手に感じた、梅一輪ほどの暖かさ

梅一輪、一輪ほどの暖かさ、とは言え、詠われるほどの暖かさは、まだ、ほど遠い朝だったが、総合公園の梅林で、二輪の花が咲いているのを見つけた。北風に震えている様に見えたが、花びらに顔を近づけると、ほのかに甘い春の香りがした。梅林に、メジロが、蜜に誘われてやって来る、花で覆われる季節には、まだ少し時間がかかりそうだった。今朝は、霜に覆われ、真っ白になった川岸を、上流向かって歩いて行った。腕時計の針が、AM7:00を廻った頃、前方の丘の上から、太陽が姿を現した。朝の太陽は、昼に見る太陽よりも、大きく見える。同じ太陽なのに、おかしな話だが、実際そう見えるのだから仕方ない。想像するに、陽が昇り、陽射しを受けて、霜が溶け、地上から水蒸気が立ち上り、それがレンズの役目を果たし、大きく見せているのではないかと思う。夜明け前の川岸は、薄暗く、夜の底が凍っている様に冷たかったが、いったん陽が昇ると、陽射しは、昔、母と手をつないだ時のような、ほのかに伝わって来る、暖かさを感じた。

IMG_3962.jpg
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://1228coffee.blog.fc2.com/tb.php/1850-cb3bf523

 | ホーム |