FC2ブログ

プロフィール

人生まだまだ

Author:人生まだまだ
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


陽射しの暖かいクヌギ林の小道を行く

陽射しがたっぷりと降り注ぐ、クヌギ林の丘の道を歩いていると、木々の間から見えた、晴れた上がった青空を、白い羽を大きく広げ、気持ちよさそうに飛んでいる鳥に似た雲を見つけた。何か良い事が、飛んでくるような予感がした。しかし、眺めている間に、おぼろげな期待は、儚くも雲散霧消してしまった。丘から下る途中、正面に見る杉林の上に黄金色の玉が浮いていた。そして、球から発する光は、目の前の枯れススキまで、黄金色に染め、朝陽と言うより、夕陽を眺めている光景に映った。林の中の小道は、昨日、サクサクと踏み音を立てて、霜に覆われた川岸を歩いた時と違って、カサカサと乾いた音が上がる、うず高く積もった落ち葉のジュウタンを踏みしめる感じがした。おや、私の他に、カサカサと枯葉の乾いた音を上げているものがいた。立ち止まって、音のする方を見透かすと、ヒヨドリが、嘴で枯葉をかき回しながら、葉の下に潜む虫を捉えようとしていた。人の気配を感じたのか、甲高くヒィーヨと、ひと声上げると、あわてて姿を消した。再び、林の中に、静寂が戻ってきた。林を抜ける頃には、陽はだいぶ高く昇っていた。今朝は、総合公園で、恒例になっている、町の駅伝大会が行われる。

IMG_4132.jpg
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://1228coffee.blog.fc2.com/tb.php/1852-8129effd

 | ホーム |