FC2ブログ

プロフィール

人生まだまだ

Author:人生まだまだ
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


太陽に感謝

凍てついた農道を、冷たい風を避けるようにして、首を引っ込めながら、体を幾分丸める格好で歩いて行くと、黒く影になった丘陵の端から、光が漏れたと思った瞬間、ぬっと、太陽がこちらを覗くように顔を出した。『おぉぉー、おはよう』思わず声が、口から飛び出した。すると、丘陵の間の闇に隠れた、谷津田の懐奥深くまで、光の矢は飛んで行き、安らかな眠りの中にいる生物たちの、朝の目覚めを誘った。河原では、川岸の底を静かに動く、ぬばたまの不気味な黒い流れが、一瞬にして、眩しく輝く水面に変わり、光の帯となって上流に伸びて行った。突然の光の訪問に、川岸の草むらに眠っていた『アオサギ』が、驚いたようにグワッと、グワッと、驚きの鳴き声を上げていた。全身霜に覆われて、夜明けを待ちわびていた草々は、暖かい陽射しを浴びて、歓喜の声を上げるのが、聞こえてくるように感じた。厳寒の朝、暖かい陽射しの有難みを感じられる光景を眺めながら、太陽に感謝する。

IMG_3990.jpg
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://1228coffee.blog.fc2.com/tb.php/1854-c8289a72

 | ホーム |