FC2ブログ

プロフィール

人生まだまだ

Author:人生まだまだ
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


キィーンと大気の澄み切った朝に

空気が、一段と冷え切った朝、国道を歩いていると、林の切れた場所から、水色に染まった、関東平野の霊峰『筑波山』が、北の方角に向かって、遥か遠く、角がニョキッと、左右に生えたような形で、男体、女体の両峰を現しているのが、肉眼でくっきりと眺められた。放射冷却によって、それだけ大気は、澄み切っていたのだ。昨日降った雪が、丘の斜面にまだ溶けずに残っていた。子供たちが、プラスチックで出来た橇で、このスロープを滑って遊んでいたので、幾筋もの模様がついていた。そして、丘の向こうから顔を出した太陽が、徐々に昇るにつれて、橇で市松模様に付けられた、凍り付いた滑り跡が、キラキラと光り輝いていた。畑の真ん中に積まれた干し草の上に、『キジバト』が、暖かい陽射しを浴びながら、ククウ、ククウと、気持ち良さそうに鳴き声を上げていた。虫でもいるのだろうか、草の種でも残っているのだろうか、時々、干し草の間に嘴を入れ、何かを摘まんで食べていた。食べ物の少なくなったこの季節を乗り越えようと、鳥たちは、必死にえさを探し廻っていた。

DSCN2805_201902121026316d3.jpg
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://1228coffee.blog.fc2.com/tb.php/1876-98e34c99

 | ホーム |