FC2ブログ

プロフィール

人生まだまだ

Author:人生まだまだ
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


人知れず咲く、可憐な花の美しさ

寒さの中で、春一番に咲く梅の季節が終わりを告げようとしている時、皆が、『お花見』と騒ぎだすのは、桜花のことだ。開花宣言、桜前線などと、ニュースにも取り上げられるたび、世間の話題となる。春に咲く花は、たくさんあるのだが、何で桜花ばかりが騒がれるのだろう。パッと咲いて、サッと散る、花を楽しむ期間が短い。また、その散り方が潔いという理由から、いかにも日本人が好む理屈があった。毎年春先は、偏西風の蛇行の関係で、強い東風が吹く季節であり、桜が開花する時期と重なり、『花に嵐』と言う言葉が、昔からあるように、花の命は短いのだ。各人から、派手にもてはやされ、愛でられる桜花を見上げて、そぞろ歩く人並みの足元に咲く、地味で、人に顧みられない、花たちの存在にも、気づいてもらいた。現役で走り回っていた時代は、お付き合いの花見で、見事に咲いている桜花を見ても、感動などなかったが、現役を離れ、気持ちに余裕が持てるようになると、桜花を愛でる事はもちろん、桜の木の根元に咲く花の美しさまで、感動して見られるようになった。人も、第一線で華やかに輝いて、バリバリ活躍する者は、確かに魅力があり、素晴らしいが、その人たちを支えている陰の人を、忘れてはいけない。時々は、足元を見て、感謝の気持ちを持つことも、大切なことだ。

人知れず咲く、可憐な花の美しさ
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://1228coffee.blog.fc2.com/tb.php/1909-87c3a83a

 | ホーム |