FC2ブログ

プロフィール

人生まだまだ

Author:人生まだまだ
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


脚光を浴びた主役は、主役とは限らない。

早朝、曇りがちだった空模様は、涼やかな青空に変わっていたが、強い陽射しは、地上にあるものすべてに、容赦なく降り注いでいた。強い陽射しを受けて元気良く育つもの、陽射しに負けて、萎れて行くもの、自然の中の生存競争は厳しいものがある。ウォーキングをしながら、始めに視覚に入って来るものは、何時もその季節における、主役の位置を占めていた。しかし、主役は、決して日の当たる場所にいるとは限らない。陰陽『いんよう』の文字は、陰『かげ』が先に来ている。陽『ひ』、つまり明るさだけでは、物は見えない、陰があるからこそ、物が見えるのだ。左右『さゆう』の文字は、左『ひだり』が先に来ている。よく聞く言葉に、あいつの右『みぎ』に出る者はいないと言って、主役の座を認めるのだが、しかし、右左『うさ』とは言わないだろう。こうして考えると、表の主役ばかりではなく、裏にも主役がいる事を忘れてはいけない。表裏一体になって始めて、目に見える存在が、主役を務められるのだ。しかし、陰の主役が自覚を失った時、自ら目立ちたいとして、軽率短慮に走り、思いもよらない恐ろしい行動を起こすことがある。この行動が、自然の摂理を壊す原因となる。色彩豊かに咲き、皆に愛でられる花ばかりが主役ではなく、道端で咲く地味な色の花だって、立派に主役を務めている事を忘れてはいけない。

IMG_1534.jpg
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://1228coffee.blog.fc2.com/tb.php/1986-4061e57d

 | ホーム |