FC2ブログ

プロフィール

人生まだまだ

Author:人生まだまだ
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


野イチゴを一つ、口に含むと、初夏の味がした。

目覚ましが鳴ったが、いつもより明るさが無かったので、起き抜けにカーテンを開けると、曇り空の朝が見えた。ベランダに置いた、鉢植えの皐月が満開になっていた。さらに、硝子戸を開けると、生温く籠っていた部屋の空気を追い出すように、気持ちの良い涼しい空気が入り込んで来た。白。薄桃、ピンク、赤色と賑やかに花の色をそろえた空木『ウツギ』が、枝先一杯に花を付けていた。そして、空木に負けまいと、顔を寄せ合うように、びっしりと白い花を付けていたのは、扉(トベラ)の木だった。扉(とびら)と書いて、トベラと呼ぶのは、何か訳があるのかと、調べてみた。トベラは、枝を切ると悪臭を放つため、魔除けとして、戸口に掲げられた。そのため扉の木と呼ばれ、それがなまって『トベラ』になったと言う。先日、花を咲かせていた『ナワシロイチゴ』が、今朝、赤い実を付けていた。二つ、三つ、摘まんで口に含むと、ほんのり甘い初夏の味が、口の中に広がった。

IMG_1668.jpg
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://1228coffee.blog.fc2.com/tb.php/1988-44a20d71

 | ホーム |