FC2ブログ

プロフィール

人生まだまだ

Author:人生まだまだ
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


トンボだと侮れないオニヤンマは、怪物だ。

国道から離れ、泉光院の坂を下って行くと、電柱の上にカラスが止まっているのかと思っていたら、近づくに従って、ちょっと、カラスとは違う感じがしたので、カメラの望遠で覗くと、茶色の羽毛に包まれ、胸に縞模様が見えた。おっ、鷹のようだった。何枚か写真が撮れたので、鳥に詳しい友人に尋ねると,差羽『サシバ』だという、やはり鷹の一種だった。渡り鳥で、今、日本に繁殖のために来ているようだ。さらに下って来ると、農家の庭に植えられた梅の木に、色づき始めた実が、枝もたわわについているのが見えた。そろそろ梅干しづくりが始まるのだろう。田んぼ道へ出て来た時、スッーとトンボが目の前をかすめて飛んで行ったと思っていると、戻って来て目の前をかすめて行った。日本最大のトンボ『オニヤンマ』だった。テリトリーの一定区域をパトロールするオスのようだ。他のオスが入って来ると、激しく追いかけて、テリトリーから排除し、それが、メスだとしつこく追いかけて交尾する。そして、トンボは肉食で、ハエ、セミ、アブなどの虫を食べている。中でも、オニヤンマは、人も怖がる『スズメバチ』の天敵にもなっていて、時速80キロと言われる速さで、飛んでいるスズメバチの後ろから襲い、足で器用に押さえつけ、大きく強いアゴを使って、バリバリ食べてしまうほど、すごいトンボなのだ。五月の連休の頃、花を咲かせていた錦木『ニシキギ』が、実を付けていた。実を付けるのは、雌株で、葉が赤く染まる秋になると、この実も、真っ赤に色づく。

IMG_2305.jpg
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://1228coffee.blog.fc2.com/tb.php/2003-70dd6e98

 | ホーム |