FC2ブログ

プロフィール

人生まだまだ

Author:人生まだまだ
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


交尾するミズアブ、いったい本当の正体は

竹藪の入り口近く、日当たりの良い土手の斜面に、地元では、破竹『ハチク』と呼んでいる、真竹のタケノコが、競い合うように、ニョキニョキと生え出ていた。既に食べ頃は過ぎてしまっていたので、収穫せずに素通りした。このところ、目につくようになったのは、トンボたちだった。トンボの王様、『オニヤンマ』をはじめとして、ムギワラトンボ(メス)、シオカラトンボ(オス)、オハグロトンボ、糸トンボなどが見つかった。少し薄暗い竹藪だったので、射し込んで来た陽射しが、照明のピンスポット代わりになり、黄金色に輝いて咲く花を浮かび上がらせていた。『金糸梅』だった。開いた花びらの上に、雄花は、飴細工で作った、王冠のような姿を見せていた。枯れた竹の枝に、ムギワラトンボが止まっていた。しきりに、大きな目玉をグルグル回しながら、辺りの様子を見ながら、警戒していた。おっと、珍しい、ミズアブが交尾していた。子供の頃『便所バチ』と呼んでいた虫だが、アブと言いながら、実は、ハエの仲間なのだ。もっと面白いのは、便所バチ、蜂と呼んでいたのに、ミズアブ(虻)、と命名されているのだから、おかしな話だ。

IMG_5230.jpg
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://1228coffee.blog.fc2.com/tb.php/2005-aed82076

 | ホーム |