FC2ブログ

プロフィール

人生まだまだ

Author:人生まだまだ
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


小さな貴婦人が飛ぶ

風の強い日や、雨の日は、揚羽蝶など大型の蝶は、飛ばないが、シジミチョウや、ヒカゲチョウ、セセリは、姿を見せた。ネットで調べると、シジミチョウは、地球では、南極大陸を除くすべての大陸に分布していて、6,000種を超え、蝶全体15,000種の40%近くを占めると言われている。そして、日本に分布する種は、樹頂性(木々の上層部を飛ぶ)のミドリシジミ科と、草原性のヒメシジミの2種類に大別されている事が分かった。意外だと思ったのは、世界に六千種もいると言うのに、日本には、大別すると2種類と、あまりにも少ないように思う。シジミチョウの名前の由来は、羽の形がシジミ貝の形に似ている所から付けられたという。今朝出会ったのは、『ベニシジミ』と、『ツバメシジミ』の二匹と、『ヒメウラナミジャノメ』、『キマダラセセリ』だった。ネットで調べた中で、新知識として、いままで、蝶の数え方を一匹(ピキ)、二匹と数えていたのが、当たり前の数え方事と思っていたのだか、正確には、一頭(トウ)、二頭と数えるのが、学術用語だそうです。牛や馬と同じとは、ぜんぜんイメージが湧かない。しかし、『ウサギ』を、一羽、二羽と、数えている事に違和感がないのも、おかしい事か。

IMG_2548.jpg
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://1228coffee.blog.fc2.com/tb.php/2034-2ab0310d

 | ホーム |