FC2ブログ

プロフィール

人生まだまだ

Author:人生まだまだ
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


綺麗な花は、皆んな癖がある。

農家の庭先に、『鹿の子百合』が咲いていた。花弁に鹿の子の模様の斑点に似た模様が付いている所からそう呼ばれていた。そして、九州や四国に自生していて、観賞用として育てられてきた。そして、江戸時代に、シーボルトによって、鹿の子百合の球根を、日本から持ち出され、初めてヨーロッパに日本の百合として紹介された花であった。今朝は、ピンクの花に出会うのが多かった。槿(ムクゲ)、合歓の花、昼咲き月見草、リコリス(夏水仙)、立葵、オシロイバナ、そして、中でも圧巻なのは、牡丹臭木『ボタンクサギ』だった。アジサイと同じように、枝先に集散花序(花軸が分岐して、複数の花をつける)をだし、紫陽花のように咲く、綺麗なピンク色の花を咲かせる。しかし、枝葉に臭気があり、綺麗な花でも臭木『クサギ』と呼ばれた。

IMG_7157.jpg
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://1228coffee.blog.fc2.com/tb.php/2036-5090e5e0

 | ホーム |