FC2ブログ

プロフィール

人生まだまだ

Author:人生まだまだ
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


花は、日本の伝統である、華道や茶道にも生かされている。

ウォーキングの道端に、椿の花が、ボタリと落ちる様に、木槿の花が形のまま、ボタリ、ボタリと散らばっていた。インド、中国が原産の木槿(ムクゲ)は、大寒民国の国花として、良く知られているが、日本では、茶花として利用され、特に、千家三代の『千宗旦』は、白地に赤の木槿を好まれ、花に『宗旦』と名付けられるほどであった。それに反して、『茶道』と同じ、日本の伝統である『華道』では、『禁花』、用いるべき花で無いとされていた。きっと、一日花と呼ばれるように、花の命が短い事から敬遠されているのだろう。その道によって、花の利用法は違っていても、どの花も皆美しい花である。今朝は、特に『木槿』に注意しながら歩いてみると、色違いの三種類の木槿を見つけられた。他に、同じ花なのに、白色と、水色の花が咲いている、『キキョウ』と、『アガパンサス』の花も見つけられた。写真の花は、茶道、千宗旦の愛した木槿です。

IMG_7031.jpg
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://1228coffee.blog.fc2.com/tb.php/2041-fb087874

 | ホーム |