FC2ブログ

プロフィール

人生まだまだ

Author:人生まだまだ
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


飛んで火に入るではないが、向こうからやって来たカワセミ

川上の方角から、チィ、チィとカワセミが鳴きながら、川面を滑るように飛んで来た。私の立つ橋の下をくぐり、翡翠色の鮮やかな背を見せながら、川下へ飛び去って行った。このところ、良く姿を見かけるようになった。カワセミの雌雄の見分け方は、嘴を見るとすぐにわかる。嘴が上下黒いのはオスで、下の嘴が赤いのはメスなので、実にわかりやすい。橋のたもとでは、マツバボタンの仲間の、滑莧(スベリヒユ)が繁茂して、黄色の小さな花を付けていた。草カンムリに見ると書いて、(ヒユ)とは、茹でた時に出る『ぬめり』の事を呼んでいたようだ。また、良く観察しないと見落としてしまいそうな、狐の孫(キツネノマゴ)の薄紫の小さな花が咲いているのを見つけた。面白い名前だが、由来は、各説あって、定かではない。橋の近くで、時間をつぶしていた甲斐があり、先ほど姿を消し去った『カワセミ』が戻って来て、橋の下の枯れた葦の枝に止まった。グッドチャンス、音を立てないように忍び足で、10m程の距離の場所に腰を据え、カメラを構えて、緊張のあまり、手が震えて、中々ピントが合わず、焦ったが、何とかシャッターが切れた。

IMG_6609.jpg
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://1228coffee.blog.fc2.com/tb.php/2078-1be50477

 | ホーム |