FC2ブログ

プロフィール

人生まだまだ

Author:人生まだまだ
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


牛蒡(ごぼう)には、食べられるものと、食べられないものがある。

林の中を歩いている時、おっと、目を引いたのは、もう紅葉している葉をみつけた。ピンク色の紅葉は珍しく、傍に寄ると、洋種山牛蒡『ヨウシュヤマゴボウ』だった。枝から垂れた房には、山ブドウに似た、熟した実がたくさん付いていた。残念ながら、毒性が強く、食べることは出来ない。北アメリカ原産の帰化植物で、アメリカヤマゴボウとも呼ばれている。今、田圃の縁に、鰭田牛蒡『ヒレタゴボウ』が、黄色の花を付けていた。ゴボウと言っても、畑や山地ではなく、湿地帯を好む植物で、葉の付く下部に鰭(ヒレ)状のものが見つかる。そのヒレが、和名の由来になって、鰭のある田に生えるゴボウと言う事で、鰭田牛蒡(ヒレタゴボウ)と呼んでいる。ゴボウと言えば、ドジョウ鍋のそぎゴボウや、きんぴらごぼうを想像するだろうが、洋種山牛蒡の根は、大根のように大きく、ヒレタゴボウの根は、細くて小さい。その上、両方とも、毒性が強く食べられない。今朝は、牛蒡(ごぼう)に縁があった。写真は、洋種山牛蒡。

IMG_7129.jpg
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://1228coffee.blog.fc2.com/tb.php/2082-6519be22

 | ホーム |