FC2ブログ

プロフィール

人生まだまだ

Author:人生まだまだ
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


ヌッと現れた、カマキリとの遭遇、

丘陵の向こうから、黄金色の波が押し寄せ、今年の豊作を運んできた。頭を垂れた稲穂は、早く刈り入れを催促するように、風に揺られ手招きをしていた。稲刈りのコンバインが活動始まるのも、ここニ三日の事だろう。黄金色が広がる、明るい風景を撮影していると、目の前の草むらから、ぬっと顔を出したのは、蟷螂『カマキリ』だった。雌か雄か、定かでない。頭の中央から延びた、2本の触角を動かして辺りを確認すると、首を横にして、顔の半分もある大きな目で、こちらを見て、警戒心を起こしたのか、動くのをやめた。顔を良く観察すると、カマキリに、目が5つある。トンボのように360度見ることが出来る、大きな左右の複眼と触角の間にある、明るさを知る3つの単眼がある。そして、もっと面白い事は、複眼に多くの色素細胞があり、昼は、緑色の目になり、夜は、黒目になる。そのため、昼も夜も狩りが出来るのだ。そのほか、カマキリは、胸部にある鎌で、鳥を捕まえるなど、面白い話があるのだが、又にしよう。屁糞葛(ヘクソカツラ)と可哀そうな名前に似た植物を発見した。見つけたのは、アメリカ原産の雑草、掃溜菊『ハキダメギク』だ。命名は、牧野富太郎と言う人で、発見された場所が、掃き溜めだったので、この名が付けられたと言う。良く見ると、小さくて、可愛い花なのに可哀そうだった。

IMG_6721.jpg
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://1228coffee.blog.fc2.com/tb.php/2084-272a50a8

 | ホーム |