FC2ブログ

プロフィール

人生まだまだ

Author:人生まだまだ
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


一雨ごとに、秋の足音が近づいてくる。

そぼ降る雨は、煩雑な音を消しさり、目障りなものを隠し、静寂な世界を醸し出していた。目の前を飛んで行く、シラサギの羽ばたく音さえも聞こえず、スローモーションの映像を見ているかのような気持にする。現実として、感じるものは、鼓膜を刺激する雨粒が、落葉に当たり、秋が一歩ずつこちらへ向かって、歩いてくる足音が聞こえていた。優しい雨は、台風で折れた、木の幹や枝の傷口を、癒すように洗い流していた。暴風に巻き上げられ、散らされ、土埃となって地を這い続けた土は、雨の恵みを得て、穏やかな肥沃の土へと返って行った。暴風雨に打ちのめされた野の草は、考えも及ばないほどのエネルギーを発揮して立ち直り、猛烈な勢いで、繁茂を続けていた。自然から見れば、人間の生きざまは、あまりにも弱々しく、自然の力の前で、ただ慄くばかり、文明のエネルギー、電気、ガスが無いだけで、命の危険にさらされる。昔は、太陽の光、熱、湧き出る水、薪を燃やして、何の不自由なく生活が出来た。贅沢をするあまり、人間は、弱くなってしまった。

IMG_6465.jpg
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://1228coffee.blog.fc2.com/tb.php/2095-ae7f8815

 | ホーム |