FC2ブログ

プロフィール

人生まだまだ

Author:人生まだまだ
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


気象の異常現象に戸惑うのは、虫たちも同じ

実りの秋を迎え、木々や草々など植物が、果実を実らせる頃になると、動物や鳥、虫などの活動が活発になる。怖いのは、蜂の中でも人間に攻撃をしてくる『スズメ蜂』だ。特にこの時期、蜂に刺されたと言う、新聞の記事やテレビなどで報道される蜂は、『キイロスズメ蜂』なのだ。良く、スズメ蜂対策として、白い服装をすると良いと言われている。その反対に黒っぽい服装は、危険だと言われている。なぜならば、スズメ蜂の天敵とされる、熊と間違えられて、攻撃されるのではないかと言われている。また、香水や整髪料など甘い香りのするものは、スズメ蜂の警戒フェロモンと同じ物質を含んでいるから、化粧にも注意を払わなくてはならない。虫が活発に動き回ると、待ち構えているクモたちにとっては、捕食するチャンスが増える。花の蜜を求めて来る虫を、網を張らずに、葉や花陰に隠れていて捕食する『花蜘蛛』や、『ハエトリグモ』がいる。また、草の間に大きな網を張って待ち構えている『コガネグモ』なども見つかった。ブーンと羽音を立てて飛んできたものがあった。手で払い落してみると、『キボシカミキリ』だった。真夏の頃は、あまり見かけなかった。今頃、活動するのかもしれない。蚊を大きくした様な、カトンボなどと呼ばれている、『ガガンボ』がいる。蚊と違って、人を刺して吸血はしない。10日位の寿命の、か弱い昆虫である。見つけた時は、ちょうど交尾中だった。

IMG_8490.jpg
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://1228coffee.blog.fc2.com/tb.php/2110-3c58b6af

 | ホーム |