FC2ブログ

プロフィール

人生まだまだ

Author:人生まだまだ
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


荘厳な夜明け、一日が生れる時に

車の往来する国道を離れ、一歩道を外れると、谷津田に囲まれた田圃が広がっている。早朝は、昼間と違い、静寂の中の別世界、目の前に広がる景色まで、現実とは違い、異次元に迷い込んだ錯覚に感じる。日の出前の空は、うっすらと、薄オレンジ色に染まり、地上は、夜明けを待っていた。丘陵の稜線上に生えている木々の黒い姿が見える。厳かに姿を現した太陽が、徐々に昇るにつれて、雲が細かに裂け、そして砕けて、海を漂う真っ白な流氷に似た形になって、陽射しに押されて、雄大な空を、うたかたのように流れ去って行く。夜明けと共に目覚めた鳥たちは、無事に夜を越せた喜びの声を上げた。歩いて行く先から、風に乗って運ばれてきた、焦げ臭い臭いに、気持ちが彷徨っていた幽玄の世界から現実に引き戻された。その正体は、籾殻を焼く臭いだった。木立に囲まれた畑の中は無風状態で、煙突から青い煙が空に向かって真っすぐに立ち昇り、新鮮な空気を汚染する様に広がっていた

IMG_2395.jpg
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://1228coffee.blog.fc2.com/tb.php/2113-32cb5dd2

 | ホーム |