FC2ブログ

プロフィール

人生まだまだ

Author:人生まだまだ
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


童謡、どんぐりころころに、裏話があった。

『どんぐりころころドンブリコ』と、幼少の頃からなじみ深い団栗(ドングリ)が、足の置き所が無いほど、林の道に転がり始めた。このドングリに付いて、面白い事が、色々ある。大正時代、青木存義氏が作詞、梁田 貞氏が作曲した童謡であるこの歌は、小学校の音楽教科書に出ていたので、文部省唱歌だと思っていたら、『かわいい唱歌』として、民間の出版社からだされたものであって、文部省唱歌ではなかった。また、この歌は、二番までで終わっているが、平成時代になってから、『幻の3番』が、存在していたのだった。『どんぐりころころ、泣いてたら、仲良しこりすが、とんできて、落ち葉にくるんで、おんぶして、急いでお山に、連れてった』というものだった。しかし、この3番は、青木氏とは関係ない、岩河三郎氏が、坊ちゃんが泣いて終わってしまうのは、可哀そうだと、昭和になってから、3部合唱曲用に作られたものだった。そして、岩河氏は、届け出をしなかったため、作者不詳となっていたのだった。こんな、裏話を知っていましたか。

IMG_2743.jpg
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://1228coffee.blog.fc2.com/tb.php/2115-6a0744af

 | ホーム |