FC2ブログ

プロフィール

人生まだまだ

Author:人生まだまだ
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


とかくこの世は、住みにくくなったと、青鷺はボヤいた。

『爺や』と呼んでいるアオサギがいる。本来は、繁殖のため北海道に渡り、寒くなると九州で越冬するのだが、我が町にいるアオサギは、留鳥になっていた。その爺やが、ボヤいた。昔は、あの丘陵の松林に、仲間たちとコロニーを作っていた。それが、開発だと言って、林は伐採され、繁殖場所がなくなってしまい、テンデンに仲間は、散って行ってしまった。この地を離れがたく、いつの間にか、わし一羽となり、いつの間にか年老いてしまった。かつては、野に川に豊富なえさ場があったが、森や林が開発で、動物たちは、住む場所を追われ、食物連鎖が崩れ、姿を消してしまったものもいた。今では、食物を求めるのも困難になってしまった。仕方なく、養殖場の魚を狙ったり、昆虫や鳥類のヒナまでも、捕食するしかなく、今では、人間にとって害鳥扱いにされてしまった。また、さらに温暖化現象による自然災害の発生は、生きて行く上での最大の障害になっていた。人間の世界でも、次世代の後継者が無く、仕方なく、自分の時代で終わりを告げるものもいると聞くが、わしも、連れ合いも無く、子孫を残すことも出来ず、この地で終わる事になるだろう。実に悲しい事だと言って、うつむいてしまった。アオサギの涙のような雨が、草木を濡らしていた。

IMG_9171.jpg
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://1228coffee.blog.fc2.com/tb.php/2122-c9cb6e71

 | ホーム |