FC2ブログ

プロフィール

人生まだまだ

Author:人生まだまだ
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


土砂降りの雨から逃げて、東屋に逃げ込んだ目の前に、真っ赤なカラスウリ。

土砂降りの雨に、小降りになるまで少し待てばよかったと、後悔しても始まらなかった。バラバラと傘に当たる雨を振り払い、とにかく東屋までたどり着こうと急いだ。こんな日に歩いている人はいないだろうと、普段よりスピードを上げて走って来る車の泥水を、傘をかざして何度も避けながら、東屋まで、何とかたどり着いた。濡れたベンチに、携帯していたビニールを敷き腰掛けた。東に開けた景色を眺めると、雨のスクリーンの向こうに、うっすらと秋色に染まり始めた丘陵の尾根が見えていた。そして、そこへ至る山道には、一抱えもある杉の木が数本、台風15号の暴風で、根元から吹き倒された姿で、まだ道を塞いでいた。夏、夕闇がせまる頃から開花し始め、見ている間に妖麗な花と化す、『カラスウリ』が実を結び、緑色の実を育て、季節が進むにつれて、緑、黄、橙色と色を変え、現在は、真っ赤に色づいていた。少年時代、手や足に出来た『しもやけ』に効くと言って、種の周りに付いているヌルヌルしたものを塗り込んだものだった。今、考えて見ると、当時、効き目があったのか、無かったのか、記憶に残っていない。当時は、高価な新薬が買えず、多少の切り傷、擦り傷は、赤チンや舌で舐めて治し、腹下しや消化不良は、正露丸で治していた。寒さで垂れた青鼻汁を、服の袖で拭き、袖はいつもテカテカに光っていた。それに比べ、今の子供たちで、青鼻汁を垂らしているものや、しもやけの手を擦っているものは、一人も見かけない。それだけ温暖化は、進んでいる。

IMG_9616_201910190832409bb.jpg
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://1228coffee.blog.fc2.com/tb.php/2126-c8b3ab70

 | ホーム |