FC2ブログ

プロフィール

人生まだまだ

Author:人生まだまだ
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


下総台地は凍り付いていた。

日の出直前が、一日の中で、一番気温が低いと言われているように、ここ下総台地は、すっかり凍り付いていた。畑から、田圃まで、びっしりと霜が降り、白い大地と化していた。カメラを持つ手が冷え、シャッターを切る指先は、感覚が無くなる程、痺れていた。うっかり手袋を忘れて来た事を後悔していた。川に架かる橋までやって来ると、手すりに宿った霜が、朝陽を受けて、七色に輝いて、まるで、宝石をちりばめたようで美しかった。大気より、川の水の方が暖かいのだろう、陽射しを受けると、川面から靄(もや)が立ち始め、気流によって、左右にふらふらと揺れたり、巻き上がったりしながら流れていた。因みに、俳句などの季語には、春は霞(かすみ)と呼び、秋は霧(きり)と言い、霧と霞は、同じものなのだ。靄は、季語には使用されていない。さらに調べると、近くのものしか見えないものを霧と言い、遠くまで識別出るものを靄と言うようだ。

IMG_6245.jpg
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://1228coffee.blog.fc2.com/tb.php/2174-1c16d7a0

 | ホーム |