FC2ブログ

プロフィール

人生まだまだ

Author:人生まだまだ
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


すっかり裸になってしまった公孫樹と、遅れて紅葉したモミジ、季節は狂っている。

だいぶ冷え込んだ朝になった。国道に沿って茂る林の上に、青空が広がっていた。国道から、公園を抜け、ちょうど、谷津田の中につくられた、田んぼへ出て来た時、東側の丘陵の林を抜けて、朝のまぶしい陽射しが、顔に当たった。朝陽は、田圃の半分を染め、谷は明るくなった。頭高(カシラダカ)が、藪の中で、チッチッと鳴き始めた。この鳥は中々姿を現わさず、撮影が難しい。ウォーキングコースの途中に、墨泉光院と言う小さな寺院がある。そして、境内に樹齢100年ほどの『お葉つき銀杏』と言って、葉の上に実を付ける、珍しい公孫樹(イチョウ)の木がある。今は、すっかり葉を落とし、裸になってしまっていた。木の幹を背骨とすると、そこから伸びた枝が、あばら骨のようにむき出して見えた。苔むした石灯籠(イシドウロウ)に、上からモミジが、なにか語り掛ける様にしていた。石灯籠は、きっとイチョウが植えられてから、今日までの100年間の歴史の語り部となっている様子だった。

IMG_7056.jpg
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://1228coffee.blog.fc2.com/tb.php/2184-8b48ef4d

 | ホーム |