FC2ブログ

プロフィール

人生まだまだ

Author:人生まだまだ
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


橋の手すりの霜が凍り、陽の光にダイヤモンドのような輝きを放っていた。

昨日に続き、晴天に恵まれた朝になった。大気は、かなり厳しく冷え込んでいて、鼻の穴が痛くなるほどで、肺の中まで凍ってしまうように感じた。交差点を右に折れ、国道の坂をくだり、丘陵の一番底を流れる、高崎川に架かる橋の所までやって来ると、橋の手すりに宿った霜が凍り付き、朝陽を受けて、ダイヤモンドのように七色に煌めきを放っていた。其処からさらに、六所神社に続く、だらだらした国道の上り坂を、東に向かって行くと、朝陽を正面からまともに受けて、目を開けていられないほど眩しかった。普段は、国道を走る定期便のトラックが、ひっきりなしに行きかっているのだが、今朝は、時々乗用車が通過するくらいだった。神社に初詣し、一年の無事を祈った。すると、何か気持ちが改まり、新たに始まる年の出発点に立ったように感じた。途中、根付けのような形をした、真っ赤に熟した実葛(美男葛)を見つけた。廃業したローンゴルフ場の前を通り過ぎると、真っ白に芝に降りた霜が、雪が積もったように銀色に輝いていた。林の向こうに見える太陽は、だいぶ高く昇っていた。

IMG_8874.jpg
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://1228coffee.blog.fc2.com/tb.php/2203-9744ab9d

 | ホーム |