FC2ブログ

プロフィール

人生まだまだ

Author:人生まだまだ
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


サクサクと音を立てる、霜柱を踏みしめて

静寂の中、丘陵の頂から顔を出した太陽の、神々しい日の出を拝みながら、日課になっているウォーキングロードを歩いて行くと、農道脇の畑の土を持ち上げて、氷砂糖に似た霜柱が顔を覗かせていた。靴の先で掻き分けると2cm位の長さの氷の針がバラバラになって広がった。畑の土の表面は、カラカラに乾いていたが、地中には沢山の水分が含まれているのだ。そういえば、冷え切った朝など、畑に陽射しが当たると、靄のようになって水蒸気が立ち昇っているのを見たことがある。いつもの休憩場所である、丘の上の東屋までやって来ると、ちょうど太陽の位置は、ベンチに腰掛けた私の目線の高さまで昇っていた。東屋一杯に陽射しが射しこみ、ポカポカと暖かく、居眠りが出そうだった。じっとベンチに座っていると、鳥たちも警戒心を開放して、東屋の前にある椿の花の蜜を吸いに、メジロや、シジュウカラがやって来る。そして、ヒヨドリが姿を現すと、メジロの群れは驚いて、四方に散って姿を消した。一休みすると、また、いつものコースを辿り、歩き始めた。

IMG_4621.jpg
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://1228coffee.blog.fc2.com/tb.php/2204-69883042

 | ホーム |