FC2ブログ

プロフィール

人生まだまだ

Author:人生まだまだ
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


金色の龍が、大空を翔る。

吸い込んだ冷たい空気は、肺の中を凍らせるほどに感じるが、それ以上に、身体が透き通ってしまうのではないかと思った。『出たー〃、黄金龍だ。』空が凍り付く程寒い季節の早朝に、何度か見られる現象だった。太陽に向かって、さざ波が押し寄せて行くような雲が出来る。その雲が、陽射しを受けて黄金に輝く龍になる。先日の新聞のコラムに、懐かしい記事が出ていた。『夕焼けの次の日は晴れ』、『ツバメが低く飛ぶと雨』と言う記事だった。確かに最近の天気予報は、ち密なデーターから、狭い地域の気象状況まで、報道されるほど精度の高い時代になったが、それでも、当たりはずれが多い。昔から積み重ねられた、長年に亘る経験から出来上がった天気予報の方が当たりの確率が高いように感じた。『月が笠を被ると雨』、『朝焼けは雨』、『朝霧は晴れ』、『暑さ寒さも彼岸まで』、『梅雨明け三日の晴れ』など、言い伝えのある天気予報は、良く当たっていた。しかし、現在、温暖化現象による混迷する天気予報を当てるのは、如何に機器の進歩が進んでも、自然相手では、難しいだろう。

IMG_0568.jpg
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://1228coffee.blog.fc2.com/tb.php/2238-5be9935b

 | ホーム |