FC2ブログ

プロフィール

人生まだまだ

Author:人生まだまだ
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


目には青葉、山ほととぎす、初鰹

青空に若葉が似合う五月を迎えた。『目に青葉・・・』と思っていたら、『目には青葉』が正解だった。『目には青葉、山ほととぎす、初鰹』この句は、江戸時代の俳人『山口素堂』が、鎌倉で詠んだ句と言われている。この季節になると、今日に至るまで皆の口から語られるほど有名な『句』は、なぜだろうと調べてみた。江戸っ子は、『粋でいなせ』が売りものだった。初夏に青葉が茂り、いち早く夏の到来を知らせるホトトギスに気付くことは、粋な事で、江戸っ子の共感を呼ぶものだった。そして、最大の共感を得られたのは、初鰹を食べる事だったと言う。鰹と言う響きが、『勝つ男』に通じると言い、また、当時の言葉に、『初鰹は、女房子供を質においてでも食え』とあるほど人気があった。現在の価格に直すと、初鰹は、30万円もしたと言い、料亭八百膳の仕入れ値が、初鰹3本10両(およそ100万円)と記録もあると言う。非常に高値でも食べるほど、きっぷの良さが江戸っ子だと言う所にあった。現在でも語られている意味が、何となく分かった気がする。いつもの年だと、男の子の居る家の庭先では、大空を元気良く泳ぐ鯉のぼりが見られたのだが、今年は、何故かその姿を見る事が少ない。ウォーキングコースでは、ただ一軒だけ、竹竿の先に吊るした、雌鯉と雄鯉のつがいだけで、子供の鯉がなかった。これもコロナウイルスの影響かと思うと、悲しかった。

IMG_1470.jpg
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://1228coffee.blog.fc2.com/tb.php/2321-818b0d94

 | ホーム |