FC2ブログ

プロフィール

人生まだまだ

Author:人生まだまだ
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


写真屋のオジサンが行く

薊(アザミ)の花に頭を突っ込んで蜜を吸っていたコガネムシ、身体じゅうに花粉を付けて現れた。そうした様子をカメラに撮るため、屈みこんでいると、軽トラが近づいて来た。やり過ごしていくだろうと思っていたら、止まった。車の窓を下げると、『アニしてんだ。』と声を掛けてきた。無精ひげを伸ばした80歳過ぎに見える農夫だった。薊の写真を撮っていると答えると、『おめえか、毎朝写真機持って歩いている、写真屋か、噂は聞いてるよ。』えっ、私は、農家の皆さんの間で、写真屋と呼ばれているのだった。オジサンも朝早く、何しに行くんだと聞くと、今の時期は、田んぼに水を張らなければいけないので、途中で水が抜けないように見回っていると言う。ザリガニや、モグラによって畔に穴をあけられて、水が抜けてしまう事があるので、巡回して見守っているようだった。ガンバレやと、言い残すと、軽トラは去って行った。今、農道の両脇は、黄色の花を付けた野芥子(ノゲシ)が群生している。そして、ノゲシの所々から、『オルラヤ』が、白いレースのような繊細な花を付け、顔を出していた。花を摘まんで、吸ってみると、微かに甘い味がする花、吸い葛『スイカツラ』が、草むらを覆うように生えていた。『私は、歩く写真屋か、まあ、良いっか』笑う。

IMG_5770.jpg
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://1228coffee.blog.fc2.com/tb.php/2337-a9888bad

 | ホーム |