FC2ブログ

プロフィール

人生まだまだ

Author:人生まだまだ
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


青空に誘われて、梅雨の晴れ間に蝶が飛ぶ

昨朝は、雨に打たれ、花びらを閉じて、項垂れていた『昼咲き月見草』が、互いに顔を寄せ合うようにして今朝は咲いていた。また、草木の葉裏などで雨を凌ぎながら、止み間の貴重な時を待ち続けていた蝶たちは、風の強い日は上手く飛べないし、雨の日は翅が濡れて飛べなくなるので、じっと耐えていたのだろう、今朝は、一斉に姿を見せた。ヒメジョオンの花に止まっている紅小灰蝶『ベニシジミ』を見つけた。この蝶は、翅の色が赤橙色の鮮やかな春型と、黒褐色の強い夏型に変える、二つの姿を持っていた。因みに写真は、夏型です。蝶の様に、ヒラヒラと翅を動かすのではなく、パッパッと翅を小刻みに動かして飛ぶ黄斑『キマダラ』セセリが、足元をかすめて、裏白の葉に止まった。黄色地に茶の鮮やかな模様をした翅が美しかった。木立が繁った、少し薄暗くなった道を歩いていた時、灰色っぽい蝶が、草むらから飛び立った。暫く飛んでいる様子を眺めていると、オヒシバの葉に止まった。安心したのか、翅を開くと、上翅の真ん中に黒い斑点が見えた。姫蛇目『ヒメジャノメ』蝶だった。林を抜けて、再び農道に出て来ると、道の真ん中で、橙色と黒色の綺麗な模様が、左右対称になった翅を開いた、赤立羽『アカタテハ』蝶が、道を塞ぐようにして止まっていた。近づくと、ぱっと飛び立ち、素早く姿を隠してしまった。

IMG_4375_20200615104830efa.jpg
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://1228coffee.blog.fc2.com/tb.php/2366-734ac208

 | ホーム |