FC2ブログ

プロフィール

人生まだまだ

Author:人生まだまだ
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


凌霄花(ノウゼンカツラ)の赤い花が、梅雨空に映える朝

草木に落ちた雨は、小さな流れになって川に注ぎ、大きな流れになって下って行く。あるいは、大地に浸み込み、年月をかけて湧き水となって、ふたたび地上へ顔を出す。そんな自然のサイクルを頭の中で知っても、実際自分の目で見、肌で感じなければ判るまい。夏の花の一つ、凌霄花(ノウゼンカツラ)の赤色の花が咲いていた。難しい名前だが、霄(空)を凌ぐ花という意味で、高い所によじ登ると解されていた。今年孵った蝲蛄(ザリガニ)が、田圃の側溝を、のそり、のそりと這っていた。人指し指を伸ばして近づけると、両方の爪を立てて構えた。もう一人前になっていた。鳥の餌食にならないように祈った。草むらで羽化したばかりの蛾『ウスキツバメエダシャク』は、こんな雨の季節に生まれてしまったと、恨み顔をしているように感じた。これから暑い夏を迎えると言うのに、秋の七草に数えられる桔梗『キキョウ』の花が、一輪だけだが、すでに咲いていた。

IMG_5304.jpg
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://1228coffee.blog.fc2.com/tb.php/2377-778917b9

 | ホーム |