FC2ブログ

プロフィール

人生まだまだ

Author:人生まだまだ
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


和田アキ子の歌の文句じゃないが、どっしゃ振りの雨ん中を、私は歩く。

差している傘を、狂ったように叩く強い雨は、行く手が霞むくらいに降っていた。梅雨の末期になると、予想もつかない程の雨量の雨が降ると言っても、この所の異常気象は、一点集中型と言うか、それだけに被害も大きくなっているように感じる。昨日は、九州の熊本豪雨で増水した球磨川が、鉄橋まで流し去る程の猛威を振るっていた。その結果、死者や行方不明者が多数出ていた。傘を斜めに傾け、降り止まぬ強い雨と戦いながら、歩いているうちに、足元に跳ね上がる雨も、傘で避け切れぬ雨に上半身の濡れるのも気にならなくなってしまったままで、高崎川に架かる橋までやって来た。川は増水して、勢い良く流れていた。誰が流したのか、あるいは何かの拍子に漏れ出てしまったのか、上流から大量の油が流れて来て、川面を七色に滲ませていた。今朝は、川岸を歩くのは、危険そうなので、避けて丘陵に沿った農道を歩いた。崖淵から、真っ白な山百合『ヤマユリ』が、こちらに語り掛ける様にして、首を傾けながら咲いていた。天気が良ければ、此処まで香りが匂って来るだろうに。帰り道、公園の中を抜けて来ると、夾竹桃(キョウチクトウ)の一枝が道に張り出していて、その先に一輪桃色花が咲いていた。私と同様、びしょ濡れの姿で、雨の中ご苦労様と言いたげな顔をしていた。

IMG_5432.jpg
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://1228coffee.blog.fc2.com/tb.php/2388-aa2a51c1

 | ホーム |