FC2ブログ

プロフィール

人生まだまだ

Author:人生まだまだ
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


梅雨に濡れ、清らかに咲くヤマユリの花

昨夜からポツポツ降り出した雨が、今朝は本降りになってしまった。泥水を跳ね飛ばして、ひっきりなしに走る車を避けて、山道を下って来た時だった。開花したばかりの山百合が、甘い香りを放って咲いていた。『匂い優しい、白百合の濡れているよな、あの瞳』と、むかしの流行歌だった、和田弘とマヒナスターズの『北上夜曲』の歌が、口を突いて出た。歌の情景とは違っていたが、昔歌っていたことの、反射神経だったのかもしれない。それにこの雨の中では、大声で歌でも歌っていないと、気持ちが滅入ってしまいそうだから、自分に元気づけるためにも効果があった。もう一つ、イメージを膨らませる植物もあった。浮釣木『ウキツリボク』の花だ。吊り下げた赤いランタンに見えるのが、今の季節の果物の『サクランボ』のようであった。ウキツリボクは、ブラジル原産の植物で、赤く見えるのは、実は花の萼『ガク』であって、ガクの中から伸びて黄色の花が咲く。同じように赤い花を咲かせていた姫檜扇水仙『ヒメヒオウギズイセン』は、南アフリカ原産だが、寒さにも強く、繁殖力が旺盛で、現在は、全世界で野生化していると言う。日本では、古風で風情のある花だと茶花として利用されている。また、朝顔、昼顔、夕顔と、それぞれの顔を持つ植物は、同じ仲間かと思ったが、朝顔と昼顔は、同じヒルガオ科だが、夕顔は、残念ながら、ウリ科の植物だった。

IMG_6368.jpg
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://1228coffee.blog.fc2.com/tb.php/2396-2870fb9a

 | ホーム |