FC2ブログ

プロフィール

人生まだまだ

Author:人生まだまだ
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


気候変動は、人間はもちろん、昆虫たちの習性も狂ってしまったのか

7月と言うのに、晴れた日が少なく、天候不順の日が続き、蒸し暑いと言っているうちに、半月が過ぎてしまった。雨でぬかった道の水たまりを避けるように歩いていると、道路上で、パタパタと翅を動かしている蝶を見つけた。良く見ると、片方の翅が傷ついている、胡麻斑蝶『ゴマダラチョウ』だった。蜘蛛の巣に引っ掛かったのか、鳥にでも襲われたのか、何とか難を乗り越えたにもかかわらず、このままでは、どうにもならなかった。仕方なく、雨の当たらない葉の上においてやることくらいしかできなかった。オヤオヤここにも場違いの所で、甲虫『カブトムシのオス』が姿を見せた。日頃は、クヌギやコナラなどの樹液を求めて、やって来るのだが、今朝は、稲の葉に掴まり、体の重みで仰向けになっていた。こちらは、どんな事情でそんな姿をしているのか理解できなかった。ブーン、ブーンと何かの羽音がするのだが、姿が見えない。音のする方に近寄って、しばらく様子を窺っていると、一匹の蜂が飛び出してきた。脚長蜂『アシナガバチ』か、何をしているのだろうと、さらに観察をしていると、葉を食いちぎっていた。もっと驚いたことには、家に帰って、写真を見ると、脚長蜂と思っていたが、実は、鈴蜂『スズバチ』だった。スズバチの習性の特徴は、巣作りだった。水を飲んだ後、乾いた土に吐き出し、土を柔らかくして、口でこねて、くわえて飛んで行き、泥で巣を作るのだが、なんで、葉を千切っていたのか不思議だった。

IMG_8963.jpg
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://1228coffee.blog.fc2.com/tb.php/2398-4077db80

 | ホーム |