FC2ブログ

プロフィール

人生まだまだ

Author:人生まだまだ
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


色とりどりの

ウォーキングをしていると、公園や街路樹などとして植えられている、中国原産の木槿『ムクゲ』の花が見られる。大韓民国では、国花として、また国章にもデザインされ、ホテルの格付けに星のマークを使用せず、星の代わりに木槿のマークを使用しているほど愛されていた。日本へ渡来したのは定かではなく、しかし、平安時代の文献に、その頃、既に植えられていたと書かれている程、古くから日本にあったようだ。以前にも話したと思うが、ムクゲは、花持ちが悪く、『一日花』と言われ、花の儚さが一期一会の茶道の精神にも合致していると言って、茶人千宗旦が、いろいろな種類のある中でも、白の一重花で、中心が赤いムクゲを好んだと言う。そして、宗旦が茶花として好んで使用したことから、『宗旦木槿(ソウタンムクゲ)』と呼ばれるようになったと言う。花形が似ているので、一見『ハイビスカス』あるいは、『フヨウ』と思っていたら、ムクゲだったと言う事があった。それもそのはず、ムクゲ、ハイビスカス、フヨウは、同じフヨウ属なのだ。また、フヨウの樹皮を乾燥させたものを『木槿皮(モクキンピ)』と呼ぶ生薬で、抗菌作用があり水虫の治療などに使われている。改めて、ムクゲの花を注視した。

IMG_9509.jpg
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://1228coffee.blog.fc2.com/tb.php/2412-673ca29c

 | ホーム |