FC2ブログ

プロフィール

人生まだまだ

Author:人生まだまだ
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


花は季節に正直だった。、盆花の禊萩(ミソハギ)が咲いていた。

相変わらず、蒸し暑い朝のウォーキングだった。道路脇に蔓を伸ばした藪枯らし『ヤブガラシ』は、名前の通り、手当たり次第に草々に絡みついて、その勢いを誇っていた。禊萩『ミソハギ』が咲いていた。ミソハギは、別名盆花、精霊花などと言われ、お墓や仏壇に供えられる花として知られている植物だ。丁度、盆を迎えているこの季節に咲く、盆に欠かせない花で、盆棚(精霊棚)に供えられたご飯の横に置かれる。これは、お盆で供養する餓鬼は、喉が狭くご飯が食べられない事から、水と喉の渇きを抑える作用のあるミソハギを供えたようだ。供え方も、ミソハギの根元とは反対に花の方から水に浸けて器に飾るのだ。盆における昔から伝わっている習慣の一つだ。近くで、キンギョソウに似た黄色い花を咲かせていた、ヨーロッパ原産の帰化植物の細葉海蘭(ホソバウンラン)を見つけた。日本には、大正時代観賞用の植物として渡来した。繁殖力が強く、現在では、野生化している。最近まで勢い良く紫色の花を咲かせていた野薊『ノアザミ』が、実を結び、風に枝を揺すられるたび、綿毛を付けた種子を、風に乗せてあちこちに飛していた。

IMG_0312.jpg
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://1228coffee.blog.fc2.com/tb.php/2429-cf5bddbc

 | ホーム |