FC2ブログ

プロフィール

人生まだまだ

Author:人生まだまだ
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


猛暑に疲れてしまった身体から出た、今朝の涼しさにホッとため息ひとつ

夏の器の隙間から、暑さが零れてしまったのか、忘れていた涼しさが戻って来た。泉光院の坂道を下って来ると、農家の庭先で、猛暑の続く夏の季節を、元気良く赤く燃えるように咲き誇って来た凌霄花『ノウゼンカツラ』は、色あせて、そろそろ夏の疲れを見せ始めていた。そして、その同じ庭には、夏を代表する花木の芙蓉『フヨウ』も植えられ花が咲いていた。芙蓉は、朝咲いて夕方にはしぼむ一日花で、椿の花と同じように、花そのものがポトリと落ちる。朝など道端に萎んで散っている姿が見られた。その短命な姿に儚さを覚えるが、次々と花を咲かせているので、夏を通して、ずっと咲いているような錯覚を起こす。今、畑の農作業を止めてしまい荒地になってしまった所に、野生化した花虎の尾『ハナトラノオ』が群生し、ピンクの花を咲かせていた。道端で、季節の忘れ物を見つけた。春の七草として知られている御形『ゴギョウ』だ。別名母子草『ハハコグサ』と呼ばれている。語源は、幼苗が、(這う子)に見立てて、(ほうこ)になり、転じて(ハハコグサ)になったと言う。また、花が終わった後、綿毛が毛羽立つ(ほおける)様子から『ほうける草』とも呼ばれている。

IMG_9126.jpg
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://1228coffee.blog.fc2.com/tb.php/2446-d9601707

 | ホーム |