FC2ブログ

プロフィール

人生まだまだ

Author:人生まだまだ
FC2ブログへようこそ!


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


狂い咲きなんかじゃない。十月桜と言うのだよ。

『公園の桜が咲いているよ。』『温暖化で、狂い咲きだね。』と、ウォーキング仲間が話していた。『狂い咲きじゃないよ。十月桜と言って、秋から冬にかけて咲く種類なんだよ。』と、教えると、ヘェー学者だねと褒められた。朝から満更でも無い気分だった。十月桜は、野生の豆桜『マメザクラ』と、江戸彼岸桜『エドヒガン』の交配種で、今の時期は、花の数はわずかだが、春になると、満開の見頃を迎える。日当たりの良い丘陵の裾の野原では、山萩『ヤマハギ』と、吾亦紅『ワレモコウ』が咲いていた。秋の七草の一つの萩は、草冠に秋と書くので、如何にも秋の花を代表するように感じる。それもそのはず、すでに『万葉集』の中に登場し、花が詠まれた詩の中で一番多く萩の名前が使われていると言う。そして名前の由来は、冬枯れのようになった古株からでも芽が出るはえぎ(生え芽)が、ハギ(萩)になったと言う。吾亦紅『ワレモコウ』は、枝分かれした先に穂をつけたような赤茶色の花を咲かせる。吾亦紅は、源氏物語のなかにも使用されている名称で、『・・もまた』と言う意味を示していると言う。そして、名前の由来は、諸説あってはっきりしていないが、中国の皇帝がこの花の匂いが気に入って、『我も請う』と言った所からそう呼ばれたと言うが、実際匂いを嗅いでみたが、香りはせず、我も請うと言う程魅力ある花でもないように感じた。根にタンニンが多く含まれていて、吐血効果があり、漢方薬に使用されている。

IMG_1348.jpg
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

http://1228coffee.blog.fc2.com/tb.php/2463-b13bdc26

 | ホーム |